ニュースリリース

トップページ > ニュースリリース > 2004年

過去のニュースリリース一覧

経口腸管洗浄剤「ニフレック」を飲み易くレモン風味に改良
取り扱いに便利な新包装のバッグを12月17日発売

2004年12月17日
味の素株式会社 医薬カンパニー

各位

 味の素株式会社 医薬カンパニー(カンパニープレジデント:相原桂一郎本社:東京都中央区)は、味の素グループ会社の味の素ファルマ株式会社(社長:中村昌旦本社:東京都中央区)が、経口腸管洗浄剤「ニフレック」をレモン風味に改良し、新包装のプラスチックバッグを2004年12月17日に追加発売することをお知らせいたします。  経口腸管洗浄剤「ニフレック」は大腸内視鏡検査及び大腸手術時の前処置における腸管内容物の排除に用いられる医療用医薬品です。1992年6月に販売を開始し、2004年11月までに約2,000万人の方が服用されています。
 「ニフレック」は、検査や手術の数時間前または前日に薬剤を水に溶かして2リットルとし、約2時間かけて服用するものです(排泄液が透明になった時点で終了)。服用量が多いため、飲み易くしてほしいとの要望を医療現場から受け、薬剤をレモン風味に改良しました。従来、薬剤に香料等を添加すると、薬剤の品質に影響を与えたり腸内細菌によりガスが発生するため製剤化が困難でしたが、この度、適切な香料等の選択と製剤工夫により安全性を担保した味改良が実現できました。
 新包装のバッグは、味を改良した薬剤をあらかじめ柔軟なプラスチックバッグに充填した製品です。容器入りのため、溶解ボトルへの薬剤の移し替えが不要であり、水を入れて溶解するだけで服用することができます。容器は自立性が高く、取り扱いに便利な取っ手が付いています。また、容器には服用上の注意や1リットル服用時点での排便確認などを具体的に表示し、安全に服用していただけるように配慮しています。
 従来品のアルミパウチについても味改良を行ない、包装形態は医療現場のニーズに合せて選択していただくことができます。
 味の素株式会社 医薬カンパニーは、今まで以上に安全性情報の提供を行ない、製品が適正に使用されるよう活動を進め、服用される方や医療機関の方々に貢献したいと考えています。
今後も、味の素だからできる薬づくりをとおして、世界の人々の健康とよりよい生活に貢献していきます。

アルミパウチ 新包装バッグ

【本件の問い合わせ先】

◆味の素株式会社 医薬カンパニー 事業戦略部 製品戦略グループ
桂(かつら) または 大家(おおや)
電話:03-5250-8321 FAX:03-5250-8276

このページの先頭に戻る